噛み合わせ

噛み合わせの重要性

クリスタルミツル歯科 噛み合わせ

歯科医院での歯の治療は、健康的な生活を送るために必要不可欠です。歯の健康を維持することで、咀しゃくの機能を改善してくれます。
歯の健康は、「虫歯」や「歯周病」の治療を歯科医院で受けるだけで充分と考えている方は少なくありません。

しかし、歯と体の健康を本当に気遣うのであれば「噛み合わせ」についても考える必要があります。
後述の健康被害は、噛み合わせが悪いことでおきる可能性があり、さまざまな症状がお口の中だけでなく全身に現れる可能性があるのです。

現在では歯がきちんと生育しないお子さまが増えてきています。なぜなら、近年やわらかくて食べやすい食品が数多く出回っているため、歯の仕事が減ってきているからです。
噛み合わせを歯の治療において考えることは、健康上きわめて大切な要素であることは間違いありません。

噛み合わせが悪いと起こる症状について

クリスタルミツル歯科 噛み合わせが悪いと起こる症状

プラーク(歯垢)は、噛み合わせが悪いと溜まりやすくなり、虫歯がそこから進行しやすくなってしまいます。
また、まっすぐにかむ力が加わらず、歯が揺さぶられるため歯周病のリスクも高まります。とくに体の抵抗力が年齢とともに低下すると、歯周病を発症しやすくなるので気をつけなければなりません。

さらに、顎関節症にもなりやすくなります。
顎関節症の原因が噛み合わせの悪さだけというわけではありませんが、かんだ時に安定しないため、顎の関節に多くの負担がかかるようになります。

そのほかにも、局所的な症状(頭痛や肩こりなど)に加えて、自律神経失調症など全身症状の原因となる可能性もあります。
歯や顎だけでなく、直接は関係しないと思われているさまざまな部位に噛み合わせの悪さが不調をもたらしてしまうのです。

普段そこまで噛み合わせについて意識していない方がきわめて多いと思いますが、とても多くの症状を引き起こしうることをぜひともご理解ください。

噛み合わせの治療方法

こんな症状に心当たりはありませんか? 顎関節症になっている可能性は、当てはまる項目が多いほど高くなります。 ご心配な方は、お気軽に当院までご相談ください。

スプリント療法で噛み合わせを調整する

日常的にゴム製のやわらかいマウスピースを装着することで、噛み合わせを正しい位置に調整することができます。 また無意識の食いしばりや歯ぎしりで起こる顎関節や歯への負担も軽くすることができます。

認知行動療法で噛み合わせ悪化の根本原因を改善させる

ほとんどの場合、噛み合わせの悪化は以下のような無意識の癖や習慣が原因となって起こります。

  • 頬杖
  • 片側噛み
  • うつぶせ寝
  • 食いしばり    など

当院では、患者様の悪い癖をカウンセリングによって見つけ出し、自覚したうえで改善してもらうことで根本治療を目指します。

歯列矯正で正常な歯並びに整える

スプリント療法や認知行動療法でも改善できないほど噛み合わせのずれが大きい場合は、歯列矯正を行います。 矯正の程度は患者さんによって異なります。 歯全体の矯正を行う場合は、矯正期間は2年半~3年と長期になり、費用も高くなってしまいます。ですが、前歯だけなどの部分矯正の場合は、期間も3か月~1年未満と比較的短期で、高額ではない費用で矯正が可能です。

痛みがある場合は薬物療法で緩和

噛み合わせが悪化したときに、顎関節や歯に強い痛みを伴う場合があります。 こうした場合は、以下のような薬を処方いたします。

  • 痛み止め
  • 顎関節周辺の緊張をほぐす筋弛緩剤
  • 痛みで眠れない場合の睡眠導入剤    など

噛み合わせ治療に関するよくある質問

A: 噛み合わせが良くない方には肩こり・腰痛・頭痛といった症状があることが多いといわれています。 噛み合わせに関係している筋肉は頭頸部の骨・筋肉とつながっており、また噛み合わせの前後左右上下のバランスが全身の姿勢のバランスへ非常に影響を与えるためです。

A: 噛み合わせは、赤ちゃんの時からの成長発育において、姿勢・呼吸・運動・食事が適切でなかった場合に悪くなります。 噛み合わせの治療は、カイロプラクティックの分野までできることなら治療した方が良いとも言われています。

A:
・顎がカクカクなる
・口が開きにくい
・顔がゆがんでいる気がする
・顔が左右対称でない
・姿勢が悪い
・体が傾いている
・頭痛
・腰痛
・肩こり等がある   など
心配なことがあればご相談下さい。