産前産後の治療

妊娠中の方も安心して通える歯医者に

クリスタルミツル歯科 マタニティー歯科

小児歯科だけではなく、妊産婦の方にも気楽に通っていただけるように配慮しております。

妊娠前後から出産1年の妊産婦を対象としております。
治療内容に特別な違いはありませんが、出産や出産後の生活に集中して頂けるように、治療する時期や使用するお薬にできるだけ負担の少ない方法を選択するよう心がけています。

レントゲン

妊娠初期(15週まで)は感受性が高いため、できるだけ避けます。 撮影時は、防護用の鉛のエプロンを着て頂き、より安全なデジタルレントゲン撮影で行うため、影響はほぼありません。 医学上必要であれば、撮影させて頂いた方が良いかもしれません。

お薬

お身体に負担の少ないもの・ないものを最小限使用します。 必ずご説明をしたうえでの処方となりますので、使用する際にはご安心ください。

局所麻酔

お身体に負担の少ないものを最小限使用するため、安全です。安定期であれば、さらに安全です。 妊娠初期(~15週)・後期(28週~)はなるべく応急処置に留めます。 母子ともに痛みを我慢するストレスは悪影響であるため、きちんと治療を行った方が安全を考慮すると良いこともあります。 出産後は、授乳などで生活リズムが乱れてしまうため、さらに歯科の通院が遠のいてしまう可能性があります。それを考えると、なおさらです。

妊娠後は虫歯や歯周病になりやすい

クリスタルミツル歯科 妊娠後の歯のトラブル

つわりによって奥歯の歯磨きが困難になることや、食事を少ない量で何度もすることから口の中が酸性の状態になるなど、妊娠時には虫歯菌が繁殖しやすい状態になってしまうことがあります。 そのため、妊娠時には虫歯や歯周病になってしまうリスクが高くなってしまうことが分かっています。

歯周病がひどい妊婦さんは、低体重児出産や早産の恐れなどの妊娠トラブルになる危険性が高くなります。

妊婦さんの歯周病による早産・低体重児出産のリスク

重篤な歯周病に罹患している妊婦さんは、低体重児出産・早産のリスクが7倍高くなるという報告があります。 飲酒の場合は3倍高くなります。 お母様とお子様の二人分の人生を、出産後には歩むことになるため、ご自身のお口の中までなかなか意識が届きにくいです。

一か月健診と一か月歯科健診を同じ時期に行うことをお勧めします。

妊娠期の歯科治療

クリスタルミツル歯科 妊娠期の歯科治療

歯科治療は妊娠中期の5カ月~8カ月の間が望ましいといわれています。 妊娠中期は個人差がありますが、比較的安定しているため、歯周病の治療、簡単な抜歯、むし歯の治療など、通常の歯科治療は可能です。 妊娠初期(4カ月)と妊娠後期(9カ月以降)は緊急処置のみで、積極的には歯科治療を行わないほうがいいでしょう。

なので、可能であれば妊娠5カ月くらいの早期に、地域の歯科健診を受診し、歯科治療を受ける必要があれば、妊娠中期に余裕をもって受けられるようにされてください。

当院のマタニティー歯科で行うこと

健診

なんらかの歯科疾患が見つかった場合は、治療をご提案いたします。 また、歯科疾患が見つからなかった場合は、定期的なクリーニングや自宅で出来る口腔内ケアを健康な口腔内を保てるようご提案します。

虫歯治療

妊婦さんは、安定期である5ヶ月~8ヶ月目が歯科治療に適しています。 妊娠初期・妊娠後期の方は、応急処置を無理のない範囲で行っていきます。

歯周病治療

プラークと歯石の除去が歯周病の治療にはなにより大切です。 知らず知らずのうちにプラークや歯石は発生し、細菌の住み家になります。 また、歯茎が引き締まり、歯周ポケットが減るように治療を行っていきます。