口腔外科

口腔外科とは?

クリスタルミツル歯科 口腔外科

虫歯や歯周病など一般歯科が対象としているもの以外のお口周りの疾患を対象とした診療科を『口腔外科』といいます。
治療内容は以下内容を初めとして、ほかにも多くあります。
ご不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

主な治療内容

抜歯

「親知らずを口腔外科で抜歯した人が周りにいる」という方も多いのではないでしょうか。難抜歯、埋伏歯・親知らずの抜歯など、抜歯といてもさまざまな症例があります。

口腔の炎症

歯が口腔の炎症の原因である場合、歯肉などにも炎症が生じたりします。細菌が歯根の先や歯の周囲から侵入して感染してしまうためです。 原因となる歯の治療することは、再発を防いだり顎の炎症の悪化を防ぐ上でとても大切です。原因が歯でない場合、「口内炎」と呼ばれるものが一般的で、口の粘膜(舌、頬、唇など)に炎症が生じます。

口腔の腫瘍

内臓同様、口の中には、さまざまな腫瘍が生じます。悪性腫瘍(口腔癌)の発生も多く認められ、以下の場所に生じます。
・舌
・歯肉
・頬粘膜
・顎骨
・唾液腺   など
一般的には、しこりを伴うこぶやただれが見られます。

顎顔面の外傷

顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことを『顎顔面外傷』といいます。原因は以下の通り、さまざまです。
・交通事故
・作業中の事故
・転倒
・殴打       など
外傷を負った部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。機能・審美性の回復は、早期治療を行うことで可能ですので、お早めにご相談ください。

口腔粘膜疾患

歯肉、舌、頬など口の中の粘膜に発症する病気を『口腔粘膜疾患』といいます。よく見られる症状として以下が挙げられます。
・口内炎
・前癌病変
・口腔癌

親知らず

親知らずは磨きにくい場所にあるため、磨き残しが原因で虫歯になりやすいです。 親知らずは生まれながらに生えない方もいますし、歯茎の奥の方にあることがレントゲンを撮って初めて分かる方もいます。 生え方が悪いと、隣の歯に当たることで痛みが生じたり、埋まっているにも関わらず虫歯になることもあるので、早めに抜歯をした方が良い場合もあります。当院では正確な診断と治療をCT画像撮影を併用して行っております。一度ご相談ください。

顎関節症

下記は顎関節症の3大症状といわれています。
・口を開けるとき、カクッというような音が耳の前あたりでなる
・口があけにくくなった
・顎が口を開けたり閉じたりするときに痛む
耳の前あたりにある関節が顎関節です。理由で関節円盤(軟骨)を支える筋肉にかみ合わせなどが理由で緊張が加わると、関節円盤が下顎頭の動きにあわせて動かなくなります。そのため、痛みや関節音、口があけにくくなるという症状が現れます。 他にも原因はさまざまで、生活習慣やストレス、姿勢の悪さなども関わります。

高齢者の方の抜歯治療について

クリスタルミツル歯科 高齢者の方の抜歯治療

当院では、お子様からご高齢の方まで幅広い年齢層で抜歯を行っています。ご高齢の患者様には、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症といった慢性的な病気を持っている方も多くおられますので、抜歯が症状によってはすぐにできない場合があります。

また、以上のような病気のために服用している薬によっては、抜歯が困難となる場合もあります。 当院では、ご高齢の患者様の抜歯を十分なヒアリングを必ず行い、しっかりとした配慮のもとに処置を開始します。

こちらでは抜歯を行ううえで重要なポイントはこちらでご説明いたします。