親知らず治療

親知らずは抜いたほうがいい?

クリスタルミツル歯科 親知らず治療

「やはり親知らずは抜いたほうがいいんですか?」という質問をよく受けます。
たしかに、よく「親知らずを残すと痛くなる、腫れる」と耳にします。
しかし、悪影響を及ぼさない場合は残しておいたほうがいいこともあるため、すべてのケースで抜かなければいけないというわけではないのです。

抜いたほうがいい親知らずとは

親知らずが少しだけ見えていて、これ以上生える見込みがない

親知らずが正しい方向に生えず斜めになる・横に倒れている場合はきちんと生え切らず、虫歯や歯周病を発症することは免れません。

親知らずが手前の歯を強く押していて歯並びに影響を与えている

手前の歯を親知らずが強い力で押して、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

親知らずの周りに嚢胞ができている

埋もれた親知らずの周りにレントゲン上で袋状の影が見えることがあります。嚢胞と呼ぶこの袋状のものは、残しておくとトラブルを起こす原因となります。

親知らずがかみ合わずに歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている

かみ合わない場合、親知らずはどんどん延びていきます。そのため、頬の粘膜や向かいの歯ぐきを噛むようになり、痛みを引き起こします。また顎関節症を発症する原因にもなりえます。

親知らずがひどい虫歯や歯周病になっている

歯ブラシが届きにくい場所に親知らずが生えているため、虫歯や歯周病が進みやすい歯です。ひどい虫歯や重度の歯周病になっている場合にはたとえきちんと生えていたとしても残しておかないほうが良いでしょう。

親知らずを抜かなくてもいいケース

まっすぐに親知らずが生えて正常に機能している場合や、虫歯・歯周病にならなさそうな場合、歯肉の中に完全に埋まっている場合などは、あえて抜く必要はありません。抜歯が必ずしも推奨される訳ではないのです。また、最近は親知らずを虫歯や歯周病などで失った歯の場所へ移植するという治療法もあるため、「あえて親知らずを保存しておく」という方法もあります。

親知らずが引き起こすトラブルの例

口臭には主に、「生理的口臭」と「病的口臭」の2つの種類があります。

智歯周囲炎

口の中の一番奥の目には見えないような場所に親知らずはあり、歯ブラシもとどかないことから細菌が住みつき、周辺の歯肉に炎症を起こします(智歯周囲炎)。 これは慢性炎症で、体調が悪化すると痛んだり腫れたりします。さらに悪化してしまうと入院して点滴治療を受けなければならない可能性もあります。

虫歯

歯ブラシがとどかないため、虫歯菌も増え、虫歯も発生します。親知らずだけが虫歯になるのならいいのですが、同時にその1本前の第2大臼歯にも虫歯を作ってしまいます。 第2大臼歯が気づいた時には、甚大な被害を受け抜歯が必要ということもあります。 非常に大切である第2大臼歯は、悪影響を親知らずから受けないようにしておかなければなりません。

歯列不正

親知らずが横向きに埋まった場合、前の歯を押すため歯並びが悪くなることがあります。そうすると矯正治療が必要となりますので注意が必要です。 一般の矯正治療が終わった患者さんにおいては逆に、親知らずの抜歯をきれいに並んだ歯列の崩壊をまねかないように矯正専門医から依頼されます。

親知らずの抜歯時の痛みとその後の痛みについて

クリスタルミツル歯科 親知らずの抜歯後の痛み

「親知らずを抜くとき、とても痛い」というイメージが根強くあるようです。
しかし、実際は麻酔が効いているため抜歯の際には痛みを感じることはほとんどありません。

当院では麻酔自体も極力痛みを感じさせないよう工夫をしておりますのでご安心ください。

通常、痛みを感じるというのは麻酔が切れてからのことです。
痛むのは傷口ですから仕方のないことなのですが、痛み止めを痛みが感じる前に飲んでいただくなどすることで、できる限り術後の痛みも抑えることが可能です。

抜歯後の痛みと抜歯にかかる時間は比例する?

親知らずを抜歯するためにかかる時間と抜歯後の痛みの強さは比例すると言われています。つまり、術後の痛みは大きく骨に埋まっていたりするなどの難しいケースほど強く出る傾向があります。 当院では、正確な画像診断をもとに区多くの症例数をこなしているドクターが抜歯をスムーズに行っております。

ドライソケットによる痛みとは?

抜歯後は血が親知らずを抜いた穴のところに溜まって、時間をかけて治っていきます。ところが何らかの理由でその血が剥がれてしまうと強い痛みを生じる原因となります。これをドライソケットと言います。 こうなると痛みが長期間続きます。抜歯の際に、ドライソケットにならないために気を付けていただくこと(抜歯後うがいをしないなど)の説明をその都度させていただきます。 しかし、もしもそうなってしまった場合には早急に対処させていただきますのでご安心ください。